千葉県千葉市・幕張|育児相談・発達のお悩みなら

原始反射って何?

原始反射とは

胎児が生き残り、成長するために子宮内で現れる「反射的(自動的)な動き」で、脳幹によってコントロールされています。

出生するプロセスに必要なものであり、赤ん坊の初期の発達には重要なものです。

一つの反射が出現→発達→統合(卒業)してまた次に必要な反射が出現する、といったようにドミノ倒しのように順番に、連続的に現れます。

生後初期のある期間で、神経が集中的に作られたり、回路の組み換えが盛んに行われたりする、特に感性豊かな時期、臨界期の子どもが、生き残るために大切な役割を果たします。

反射を統合(卒業)して中枢神経系が発達すると、より高次の脳(大脳)によって、その働きは抑制されていきます。

反射を保持したままでいること自体は、病気でも症状でもありませんが、それによって、本人が生きづらさやお困り感を持っている場合、その統合を扱うことは、全く新しい解決になります。

たとえば恐怖麻痺反射(FPR)

この反射の保持によって、「引っ込み」の癖をもったり、新しい状況で無口になったり、決められた予定が変わったときの「恐れ」など特徴が見られます。
「引っ込み」というのは、静かになる、というだけではなくて、時に金切り声をあげるような反応になることもあります。

(一例)

  • ストレス耐性が低い
  • 肌、音、視覚的な変化などへの感覚過敏
  • 柔軟に対応できない
  • 疲れやすい
  • すぐに息をつめる(止める)
  • 人前で恥をかくような状況が怖い
  • 自己信頼、肯定感が低い
  • 愛情を受け取るのも表現するのも苦手(本当は好きなのに、「嫌い!」というなど)
  • 新しい活動を嫌う、特に誰かと比較されたり、優劣が出るような活動

リズミックとは・・・

発達に働きかける簡単なエクササイズをリズミックといいます。

原始反射が統合されると、困りごとの質や内容がどんどん変化してきます。
そして、やる気スイッチが入ったお子様は、次の原始反射の統合にステップアップします。

お気軽にお問い合わせください TEL 043-297-0909 電話受付時間 11:00 - 15:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © まくはりママの家 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.