お子様の身体の発達でこのようなご心配はありませんか?

  • 体のバランスが悪いようだ(→体幹や小脳の低下)
  • 歩き方・立ち方・座り方が何となく変なカンジ(→姿勢のアンバランス)
  • 何だか「見づらそう」(→12神経の内目に関連した神経)
  • 正面から顔を見たとき、目の大きさやほっぺの高さが違う

 

体の歪みや姿勢の問題は、お子様の発達に大きな影響を持っています。
(姿勢についてのブログ記事は=コチラ=)

 

そんな姿勢の問題にお悩みの方のために、カイロプラクティック施術のメニューが加わりました。

初回、体のチェックと1回目の施術については無料でご体験頂けます。

身体の事で気になる事がある方、お気軽にご相談くださいね。

 

まくママ カイロプラクティック担当の先生のご紹介

川島カイロプラクティック 院長
川島和美

1972年生まれ O型
東京の整体スクールで勉強、臨床を経て2010年3月に開業。
現在、夫と二人の子どもがいるママさんカイロプラクターです。

<現在も勉強中>

伊藤 彰洋 D.C. 名古屋 伊藤カイロプラクティックオフィス
カイロプラクティック機能神経学 受講中
岡島瑞徳研究会講師 棟居暁先生
野口整体の知恵 受講中
丸山 正好 先生 船橋 ニューラルヒーリング
基礎神経学 受講終了
山端 二郎BCSc パームスヘルスサイエンス専門学院
フルスパイン、オステオパシー 受講終了

 

 

カイロプラティックって何?どんなことをするの?

カイロプラクティックはアメリカで生まれた施術方法です。

ギリシャ語で『カイロ=手』『プラクティック=施術』を表します。
つまりカイロプラクティックとは、『手技療法』という意味なのです。

川島先生は、お子さんでも痛くないアクチベーターという器具を使います。

カイロは『神経系の働きを整える』ために施術をします。

そのために主に骨盤・脊骨の関節を動かしていきます。

そうすると神経のやり取りで強すぎたり弱すぎたりというアンバランスを整えていくことができるのです。
神経を整えると身体が健康になっていきます。

 

骨格だけじゃなく、膜のアプローチをします

頭蓋骨・背骨・仙骨(お尻の骨)を『硬膜』という膜が覆っています。

小さいお子さん(8歳前後以下)は骨格の調整より硬膜の調整のほうが効果的な場合があります。

お尻と頭に手を当ててるだけの施術です。

 

脳12神経

発達障害・生きづらさがあるお子さんの中には
『見る・聞く・嗅ぐ・食べる/話す/飲み込む』
のどこかが弱いお子さんがいるかもしれません。

そのため、まくママでは脳12神経 (顔面の中にある神経) へ刺激を送るアプローチを提供しています。

川島先には、どの働きが弱いのかを見つけ、脳の12神経にアプローチしていくことで、発達を促すお手伝いもして頂きます。

 

まくママでの施術について~初回は無料!!ぜひお試しください~

まく♡ママでのカイロプラクティックの施術は、基本的にまく♡ママでセッションを受けられている方 (親子) が対象のサービスになります。

カイロプラクティック施術のみをご希望の場合は、川島カイロプラクティックをお尋ねくださいね。

ただし、まく♡ママでセッションをされているご家族がいらっしゃる場合は、セッションを受けられてない方にも施術可能です。

 

カイロプラクティック対応可能日

カイロプラクティック実施は木曜日のみです。

 

カイロプラクティック料金

まくママ通常セッション (60分) +カイロ施術 (30~40分)   

  7,000円(小学生)   回数券ご利用の方はプラス¥3,000

まくママミニセッション (40分) +カイロ施術 (30~40分)   

  6,000円(小学生) 回数券ご利用の方はプラス¥2,000
(ミニセッションはアプローチをお伝えする事をメインにした20分短いセッションです】

中学生以上の方は、上記料金に1000円プラスになります。

 

初回、体のチェックと1回目の施術については無料でご体験頂けます。

身体の事で気になる事がある方、お気軽にご相談くださいね。

まくママでセッションをされているご家族がいらっしゃる場合は、セッションを受けられてない方にも施術可能です。

 

更に多くの皆様の力になれますよう、川島先生とも力を合わせて皆様を全力でサポートさせて頂ければと思います。

子育てでお悩みではありませんか?

学業不振・運動神経が悪い・空気が読めない・ADHD?
子育てに疲れきって
「愛情不足かな。育て方間違ったかな・・・」
なんて考えてはいませんか?
お子様の育てづらさや生きづらさは、あなたのせいではありません!
まずは「まくはりママの家」で、あなたの悩み・心配事をお話してみませんか?