フラワーエッセンス。
ご存知ですか?

お花のバイブレーション(波動)を転写したお水を毎日自分に取り入れる事で、お花が持つ癒しの力を借りて心や感情のバランスを安心・安定した状態に導いてくれる素敵な癒しのエッセンスです。

欧米では病院でも処方され、日本でも薬を使わない治療薬として心療内科で使われる事のある実績のあるもの。

まく♡ママのクライアントの皆様の役に立つのではないか?とずっと学びたいと思っていました。
そんな中、なんと顧問の向後先生が、大島先生という素晴らしいご縁を繋いでくださいました!

11/27 まく♡ママでフラワーエッセンス講座を、Natural Healti Lab.フォレフォンド代表 大島櫻彩先生に学びました。

大島先生はナチュロパス(自然療法家)として、東京港区白金台にクリニックを開設されていらっしゃいます。

本を書かれたり、大学などでフラワーエッセンスを使った論文を発表されたり、幅広く活躍されていらっしゃるフラワーエッセンスについてのスペシャリスト!

そしてなにより、多くの発達障害の方をこのフラワーエッセンスを使って治療をされていて、とにかく経験が豊富。
そこで学んだことも教えて頂く事ができました。

最初はこのフラワーエッセンスを最初に作られたイギリスのバッチ先生の話。
その後はフラワーエッセンスの製法。そして一つ一つのエッセンスの効能について。
バッチフラワーエッセンスは合計38種類あり、その一つ一つをお花の絵を見せて頂きながら解説頂きました。

可愛いお花の写真を見せて頂きながら説明を受けたのはそのお花の特徴です

・どんな所に生えるのか
・葉の形状(ギザギザがある・切れ込みが深い・丸い)
・繊毛がどのようについているか(葉・茎・実のどこにあるか、ないか)
・トゲがあるのか
・お花の形

そして、このお花の特徴が人の心の状況と一致する事に驚きました!

・他の植物に巻き付くような花⇒地に足がついてない
・きれいな水を好む一本だけ生える花⇒集団が嫌い・人と距離を置きたい
・葉がギザギザしている花⇒心理的な不安定さを持つ
・葉が丸い花⇒おおらかで余り周りは気にしていない
・繊毛が沢山ついている花⇒周りの事が気になる
・トゲある花⇒人も自分も責めてしまう
・アンテナの様に大きく開く花⇒情報ばかり集めすぎて失敗

この、自分の心の状態と同じような特徴を持つ花のエッセンスを飲むと、共鳴現象が起こり

・不安を安心
・恐れを勇気自信
・心配を信頼平穏
・優柔不断を判断力直観力  

導いてくれるのです。

本当に楽しい学びで、一つ一つのお花の特徴を聞く度に
「へ~そのお花は繊細なんだ。葉の切込みが深くて心が乱れがちなんだ。」
などと、解釈していくようになり、講座が終わる頃には、皆
「これからお花を見る目が変わります!」
と口々に話してました。

大島先生はものすごい肩書をお持ちなのに、お花のように優しくて愛がいっぱいの先生。
お話しするだけで心が癒されていくような感覚になりました。

先生が経験した多くのご相談の方のケースなども丁寧に教えて頂き、私達としても貴重な学びをさせて頂きました。

そしてご縁から、フラワーエッセンスを購入する事も叶い、これからまく♡ママでご希望者や必要な方へ利用していきたいと思っております♪

早速、スタッフは自分専用ボトルを作り、ワクワク飲んでます。

フラワーエッセンスの効果を感じ始めるのは飲んで1週間くらいから。
そして、一か月くらいかけてゆっくり効果を感じていきます。

気づけば、最近そう思わなくなってきたかも・・

なんて感じて優しく作用するものです。

人それぞれ効果があるものは違います。

まく♡ママではこれからも、お客様にとって少しでも役立つのであれば柔軟に取り入れていきながら
一人一人の方に合わせた未来への応援をさせて頂きたいと思います。

大島先生、お忙しい中、まく♡ママにお越し下さりありがとうございました!