先週土曜日にBBA講座の2回目開催しました。
新規の方もいれば再受講の方もいらっしゃって、全部で8人のママ達との学びでした。

2回目と言う事もあり、既に顔見知りになっていらっしゃる方々もいらっしゃって、リラックスした雰囲気で受講して頂けたようです。

まずは前回学んだアプロ―チの実践についてのシェアからはじまります

冒頭のシェアの時間では、それぞれの方が実施して下さった、1日目に学んだアプローチについてお話してくださいました。

「最初はくすぐったがってたのに、今は気持ちいいと言ってくれます。」

「いつもはみ出していた字がキレイに枠の中に入るようになりました。」

「へそ放射をしたら、子供が可愛くてたまらなく感じられるようになり、仕事中も会いたいって思うようになりました。」

などなど。
講師としては感無量( ;∀;)の実践報告でした。

持ち帰ったアプローチをすぐに家族に使ってくださった事、そして何よりお子様の変化に気づいてくださっている事・・本当に素晴らしいお母様達だと思いました。

子育て中の皆様に絶対に知っておいてほしい大事なこと。それは・・・自己肯定感を下げないこと。

そして気合十分で臨んだ二日目の学び・・
三次元の復習を丁寧にさせて頂き、体感して頂く実践も交えながらの学びです。
にぎやかで楽しい時間はあっという間です。

そして、今回の最後の学びは『言葉の意図』です

これは、言葉は意図を持って伝える必要がある事、そして言葉かけ一つで相手の成長を促す事も自己肯定感を下げてしまう事も起こる事。

テキストの中では数ページの学びなのですが、私はとても大切にお伝えしたくてしっかり時間をつかいます。

今、セッションで関わらせて頂くお子様達、特に思春期に差し掛かった子・不登校のお子様は自己肯定感が低いです。

「自分は何をやってもダメだから。」
「どうせ、何しても上手くいくはずがない。」
「好きな事なんてない。」
「楽しい事なんてない。」
「誰も認めてくれない。」

そんな風に、すでに固くなってしまった心には、どんなに必死に語りかけても、なかなか心を開いてはくれないのです。
小さな頃から自分が欠点だらけの人間だと思い込んでしまった心は、簡単にその考えを変えてはくれません

でも、子供たちに自己肯定感を持ってもらうために、私たちはひたすらやり続けるしかないのです。
とにかく沢山話して、沢山聞かせてもらいます。
でもやっぱり、「自己肯定感を上げたい。」と思っても、一度下がった自己肯定感をあげるのは本当に難しいのです。

お母さんの言葉かけ一つで、お子様の自己肯定感をあげることができるのです!

実は、私自身が息子に沢山のダメ出しをして自己肯定感を下げてしまった経験者です。

固くなった息子は笑顔が消え、いつもつまらなそうでした。
「面倒くさい・・」が口癖になり、自分からは何もしない。

そこでさらにイライラしてまた衝突・・そんなどうにもならないことを繰り返していた私。
そんな私にこれらのアプローチは光を届けてくれたのでした。

お母さんの言葉かけ一つでお子様は自己肯定感を持って育つ事ができるのです。
自分は尊い存在なんだと肯定して生きる子には沢山の可能性の扉が開きます。

BBAはお子様とお母様の自己肯定感を上げる事のできる素晴らしいツールなのです。

子育ての経験をシェアし合うこと。思いを共有すること。それはとても大事な時間。

最後は皆様の感想の時間です。

ご自身の辛かった経験、言われて悔しかった事、だからそこ少しでも良ければとBBAの扉を叩いた事、子供への愛情など、貴重なご意見を涙と共にたんくさんたーくさんシェアくださいました。

他の方の話を、それぞれが自分の事のように聞いて、一緒に目を潤ませていらっしゃいました。

二日間の講座ですが、素敵なお母様達とご縁が繋がった事、本当に感謝でいっぱいです。
受講して下さった皆様ありがとうございました。

講座が終わりスタッフと「次はこうしよう!」「あれをやっては?」アイデアは尽きません。
これからも、バージョンUPを重ねながら、分かりやすくて実践したくなる講座を目指して頑張って行こうと思います。

そんなBBA講座は7・9月の日程が決定しております。ご興味のある方、気軽にお問合せくださいね。
まくはりママの家でお待ちしております(*^-^*)